名古屋の薄毛治療専門クリニックでプロペシアを処方してもらいました

枕元に髪の毛が大量に散らばっていた

枕元に髪の毛が大量に散らばっていた : 薄毛治療専門クリニックでカウンセリング : プロペシアという処方薬を試してみることに

30歳を目前に控えた頃、枕元に髪の毛が大量に散らばっていることに気付くようになりました。
仕事が忙しく、ストレスがたまっていたこともあり、最初はストレスや疲れが原因によるものだろうと軽く考えていました。
仕事がひと段落すれば、抜け毛も治まると感じていたからです。
しかしその後も以前よりもはやいペースで髪の毛が抜けたり、明るいところで鏡を見てみると頭頂部や生え際などの頭皮が目立つことがわかりました。
もしかしたら深刻な病気である可能性を考えたので、普段からかかりつけになってもらっている医療機関を受診しました。
内科と皮膚科で検査を受けましたが、特に体に異常はありませんでしたが、皮膚科の医師から男性型脱毛症ではないかと指摘を受けました。
説明を受けましたが、一般的な医療機関では皮膚の状態を改善することはできるけれど、男性型脱毛症を直接治療するのは難しいとわかりました。
もう少し年齢を重ねていれば薄毛になっても他人の目が気になりませんが、まだ20代だということもあり、薄毛であることはとても気になります。
同年代の友達や同僚の中には、薄毛に悩んでいる人は見つけられませんし、みんなカラーリングをしたりパーマをしてお洒落をしているので、自分だけ取り残されたような気分になりました。
p>

| イースト駅前クリニックのAGA治療